筋トレを習慣化したら簡単に禁酒できましたというお話です。

photo0000-2664

先日ダイエットのためHIITを始めたのですが、
飲酒は効率悪いんじゃね?
と思いいろいろ調べてみると(調べるまでもないですが)、
やっぱり相性は最悪でした。

脳は損をするのを嫌がる性質があるようで、
「せっかく苦労した運動が無駄になる。。」 という気持ちが
禁酒につながったかと。

まだ1か月程度ですが、
飲みたい気持ちは特にないですね。

というところで、
「損」する気持ちを出すために
お酒のデメリットを並べていきます。


筋肥大の効果を妨げる

筋肉を大きくするにはタンパク質の再合成が必要なのですが、
アルコールはこの作用を妨げるようです。

テストステロンが減少する

男性ホルモンの一種であるテストステロン。
筋肉の発達に必要なホルモンであり、
こいつが減るとトレーニング効果も期待できなくなります。

そもそもテストステロンは活力につながるホルモンなので、
日常生活でもいろいろと支障が出てきそう。。

筋肉が脱水する

筋肉にも適切な水分と電解質が必要です。
アルコールを飲むと脱水が進むため、
筋肉への影響は大きくなります。

お金がかかる

お金がかかりますね。はい。
酒税下げろこの野郎!!
って言いたくなるぐらいお酒の価格あがりましたしね。

浮いたお金でダンベル何個買えますか?

睡眠の質が悪くなる

よく言われていることですが、 睡眠の質は悪くなります。
筋肉には質のよい睡眠が必要です。


まとめ

とまあ、いろいろ上げ出したら切りがないですが、
筋トレ中はアルコールを控えましょうってことですね。

ぼくはこのまま禁酒続けますが、
1日グラス2杯まではOKとも言われているので、
適度な範囲で飲むのがよいかと思います。


スポンサーリンク