IMG_2414

タイトル:『死ぬこと以外かすり傷』
著者:箕輪厚介
おすすめ度:★★★☆☆(3)


<概要>

幻冬舎編集者の箕輪厚介が書かれたビジネス本。
全体的に熱い言葉が散りばめられていて熱量が伝わってくる作品。

世の中はこれまでのルールとシステムが通用しなくなっている。
その変化の波に乗って自分たちの手で世界を作れ。
おっさんの言うことは聞かなくていい。
バカになって誰よりも行動しろ。

<ポイント>

・予定調和は過去の焼き増しのようなものしか作らない。破壊しろ。
・自分のブランドを作って自分の手で金を稼げるようにしろ。
・「意識高い系」でいい。意識くらい高く持て。
・未開の地を行け。
・圧倒的に手を動かせ。誰よりも動け。
・今やれ、スピード感を持て、量量量!
・変わり続けることをやめない。
・ノリが大事。
・数字から逃げるな。数字を出さなければならない。
・熱狂しろ
・バカになって飛べ。

<感想>

冒頭にも書いた通り全体的に熱い言葉が散りばめられている。
というか熱い言葉しかない。
誰よりも圧倒的に手を動かすことが大事、スピードが大事、量が大事。
この部分は心打たれるものがある。
「量量量!」
そこから身に付くもの、見えるも世界は違ってくると思う。
まずは量産。
しかしあくまでも自分の中で質のいいものを作る意識で量産する。
スポンサーリンク