風しんが流行していますね。
風しんの被害が広がるとこれから生まれてくる命に影響が出ます。
悲しいことがおこらないようにしたいですね。

わが家は夫婦で風しんの予防接種を受ました。
今回受けてみて混合ワクチンがいいの?とか費用はどれぐらい?とか注意点はなに?
とか自分が気になってたことをまとめてみました。





1.先天性風しん症候群について

YOU_DSC_0834_TP_V

妊娠初期の女性が風しんにかかると先天性風しん症候群と呼ばれる病気により、心臓病・白内障・難聴などの障害を持った赤ちゃんが生まれる可能性があります。
目安としては妊娠20週頃までは注意が必要と言われています。
一緒に生活している家族からうつることが多いため誰もが風しんにかからないよう予防接種を受けておくことが大切です。
悲しいですが実際に先天性風しん症候群の赤ちゃんは毎年報告されています。
妊婦だけでなく周りの人の意識も大切です。

2.30歳代から50歳代前半の人は要注意

mark_chuui

最近は定期予防接種がありますが、風しんの抗体を持たない世代がいます。
  • 1962年4月2日~1979年4月1日以前生まれの男性
  • 1979年4月2日~1987年10月1日生まれの男女 この世代で風しんにかかっていない人
該当する方は感染する可能性が高いため要注意です。
自分はまさにこの世代に該当します。
抗体検査をするにも費用がかかるので、気になる方は検査なしで予防接種受けるのでもよいかもしれません。
自分は抗体検査なしで予防接種を受けました。
抗体があった状態でも予防接種して問題ないとのことです。

3.麻しん風しん混合ワクチンでなくてもいいがあまり流通してない

elly181027002_TP_V

麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)がいいのか風しん単体ワクチンがいいのか先生に聞いてみました。
先天性風しん症候群は風しんワクチンだけでよいそうです。
ただ、風しん単体のワクチンは製造量が少なくあまり流通していないとのこと。
また、病院によっては風しんワクチンの方が費用が高くなっています。
なので麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)がお得そうです。
今回いくつか病院に確認しましたが、どこも混合ワクチンの方が安かったです。
ぼくは混合ワクチンを受けました。

4.費用は病院によるので電話できくのがよい

mark_yen_okaikei

受ける病院ごとに異なるので何か所か電話で問い合わせてみるのがよいです。
今回受けた病院では麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)で8,800円でした。
問い合わせた費用の平均は大体10,000円前後ぐらいでした。
各自治体で助成金が出る可能性があるのでそこも要チェックですね。
抗体検査も来年度から助成金が出るとかニュースがありましたね。

5.注意点もろもろ

0I9A350615032140wakaranai_TP_V

次の方は接種できません。
  • 明らかに発熱(通常37.5℃以上)している方
  • 重い急性疾患にかかっている方
  • 本剤の成分によりアナフィラキシーを起こしたことのある方
  • 免疫機能に異常のある方・免疫抑制をおこす治療を受けている方
  • 妊娠している方および妊娠している可能性のある方
  • その他、医師に予防接種を行うことが不適当であると判断された方
  • 他の生ワクチン(BCC・麻しん・風しん・水痘・おたふくかぜなど)を接種して27日以上あいていない方
  • 不活性ワクチンを接種して6日以上あいていない方
女性へ特に注意事項。絶対に守ってください。
  • 接種前1か月前、接種後2か月間は妊娠を避けてください。

6.まとめ

150705260810_TP_V

受けれる人は(妊婦はダメ絶対)とりあえず近い病院に片っ端から電話して風しん予防接種の費用聞いてレッツゴーしましょう。
費用は高いですが悲しい思いをする人がいなくなるよう、風しんのワクチン接種率があがることを願っています。

国は無駄なところに税金を使わずにこういうところに使ってほしいところです。

子どもは宝。


スポンサーリンク